エンプラ成形(SPLAS)

エンジニアリングプラスチックは、従来の可塑性に優れ加工し易い汎用樹脂に対して、目的に添って様々な機能が強化された合成樹脂の素材総称であり、主な改良点として耐熱性が挙げられます。

そのため、これらエンジニアリングプラスチック、特にスーパーエンプラと呼ばれる素材の成形においては、通常の成形と比較して高い技術力が必要となります。

また、これらのスーパーエンプラ樹脂を含むエンジニアリングプラスチックの成形の実績・経験を活かし、高品質・高付加価値の射出成形品を「エスプラス」製品としてご提案しております。

また、当グループ・株式会社PBIアドバンストマテリアルでは、これらのスーパーエンプラ樹脂において、樹脂メーカから一次供給される材料に対して炭素繊維やガラス繊維などの各種フィラーを配合したカスタマイズコンパウンド材料の開発・販売を行っております。

【材料に関する詳細情報は、下記リンクまで】

http://www.pbi-am.com/

SPLASの特徴

PBI(Polymer Blend Innovation)樹脂

株式会社PBIアドバンストマテリアルズが開発する樹脂を用いた射出成形品で次の特徴があります。

  • 帯電防止
  • 高摺動性
  • 低収縮性

切削加工用母材

切削加工用母材に射出成形品を用いることで、試作段階においても量産射出成形品と同じもので性能評価することが可能です。

優れた品質

これまでの射出成形の経験・実績を活かし、高品質な製品をご提供します。

新技術紹介